ただいま横浜のギャラリー卯甲さんで
 漆のある暮らし 蜂谷隆之作品展 開催中です。


今回の個展に合わせてつくった作品を幾つか紹介します。
d0127907_1044685.jpg
巾着入り弁当箱 17×12×6センチ

d0127907_10555986.jpg
小箱 丸 径9×6センチ

d0127907_10561061.jpg

d0127907_10562145.jpg
小箱 角足つき 8.5×8.5×6センチ 蓋をはずして重ねることもできます。

d0127907_10564321.jpg
台皿 径9.5×7センチ

d0127907_10565799.jpg
大皿 径35.5×3.5センチ
[PR]
by utsugizawa | 2008-06-23 11:10 | 展示会
箱ものが2つあがってきました。お重と弁当箱です。
えっ、今頃お重?と思われるかもしれませんが、漆器は製作に時間がかかります。
こちらは受注品にしておりますので、お正月や春のお花見ごろに間に合わせるため
UPしました。
新しい年を漆のお重で!とお考えの方は、お早目のご予約お願い致します。

角二段重
d0127907_10231156.jpg

d0127907_1023463.jpg

19センチ×19センチ 高さ14センチ 一段の高さ6.5センチ 深さ5.3センチ


花見弁当箱
d0127907_10411639.jpg

20.5センチ×12センチ 高さ11センチ 一段の高さ5センチ 深さ4.2センチ
[PR]
最近はひとつの器でいろいろな使い方をするのが当たり前になっています。
使い手が料理に試行錯誤し、楽しみながら器をえらぶ。
時には器が花器にもなったりもします。
そんな多様性を持った器は女性、特にわたしの様な主婦には気になる存在です。
この筒鉢はそういった、多様性な使い方をするために作ったもの。
d0127907_11121315.jpg

作り手TKさんは、飯椀はお米が美味しく食べられるように、汁椀は口当たりの良さなどそれぞれの目的にあった美しさと使い易さを追求しながら作っています。
ぜひ本来の使い方をしてみてください。そして、多様性を求めるならこの筒鉢を使ってみてくださいね。
d0127907_1183169.jpg
d0127907_1185970.jpg
d0127907_11123786.jpg

筒鉢 径12cm(上)9cm(下) 高さ7.5cm
[PR]
by utsugizawa | 2008-02-07 11:20 | 漆器 鉢
冬のある日、ふと気が付くと家の中が明るい。
外を眺めるとなにか景色が違うことに気が付いた。
空が見える・・・青色の量がふえたんだ~。
木々の葉はすっかり消えて冬景色。そして家のなかにぽかぽか陽だまり。
d0127907_12114451.jpg

冬の日、漆の飯椀であったか~いごはんをいただいてみてください。
器は熱くならないし、ごはんも冷めにくいですよ。
持つととても軽くて木の温かみを感じます。
d0127907_1218261.jpg

くらわんか椀 朱・透・黒
[PR]
by utsugizawa | 2007-12-17 12:20 | 漆器 椀