カテゴリ:漆器 箱物( 10 )

檜枝岐村、最後の曲げ輪師、星さんを訪ねました。
d0127907_12431078.jpg

福島県檜枝岐村。
周囲を山林に囲まれているため水田が作れず。よって生活必需品を購入するため、古来より林業が最も大きな産業でした。木製品を生産してこれを現金化して充てていたそうです。
桧枝岐村の黒檜(クロベ、ネズコ)と山桜の皮を使って、作られる曲げわっぱ。黒檜を 薄く板状にし、熱を加えながら、曲げて作るわっぱ(めっぱ)は、代々山人(ヤモード)の 冬の間の手仕事として受継がれてきました。
曲げ輪だけでなく、柄杓や鉢など色々な木工製品がこの地で作られていたそうです。
後継者不足、材料の調達困難、生活様式の違いなどから今や星さん一人だけとなってしまいました。
そして現在、良質の黒檜が取れず、今残っている材料で最後になるそうです。
星さんの作る曲げわっぱは完全な丸では無く、曲げ輪を乾燥させている時に収縮の違いから出る歪みをそのまま残して底板を合わせる方式を取っています。
今回、冬の間100個ほどしか作れない、貴重な曲げわっぱを4点譲って頂き、漆塗りで仕上げてみました。
d0127907_12431149.jpg
黒檜の木目が美しいので木地呂仕上げに。
d0127907_12431192.jpg
裏側は石目にして擦れても丈夫なようにしました。
d0127907_12431211.jpg
中の仕上げは4種類、朱、黒、溜、錫。

曲げ輪というとどうしてもお弁当箱のイメージですが、実は普段の食卓でも、とても便利で使いやすい器だと思います。

では一例を
d0127907_12431210.jpg

一番小さな曲げ輪にイクラ、次にほうれん草のお浸し、大学芋、大きな曲げわには混ぜ御飯をよそってみました。食卓で曲げ輪を使う事で蓋を開ける楽しみが増えました。

今冬、製作分より20点程、譲って頂けることになりました。
来年の春には展示会などで御目見得出来ると思います。
どうぞその時は是非お手に取ってご高覧下さいm(_ _)m
[PR]
名前は花見弁当箱ですが、食卓で器のように使っていただいてもすてきです。

普段の食事に、おもてなしの時に、お茶の時間に・・・。

いろいろなシーンで活躍します!

d0127907_15395849.jpg
d0127907_15401777.jpg
d0127907_15402819.jpg


全体 22cm×12cm 高さ 12cm 深さ 4.8cm
[PR]
こちらの丸い3段のお重は以前からうちで扱っているもの。
d0127907_9325254.jpg

こちらはお客様よりご注文があり、角のお重2種類が出来上がりました。
早速お嫁に行きす。
d0127907_9344764.jpg

小さい方の中は朱色で、大きい方は黒です。
d0127907_940268.jpg
左 20センチ角  右 26センチ角

片口のご注文も一緒にお嫁入りです!
d0127907_114878.jpg


今年もあと2ヶ月!年々いちねんが早く感じます・・・。
準備もはやめ、はやめにしないとすぐお正月になっちゃいそうです。


*お重は完成まで時間がかかります。
 ご注文の場合は半年ほどの納期がかかりますのでご了承お願いいたします。

[PR]
2月の後半に製作中だった二段弁当箱が完成いたしました。
d0127907_0175394.jpg

d0127907_0214398.jpg

朱色の小振弁当箱。
蓋をとって器として日ごろの食卓に並べていただいてもかわいいです。
使い方を色々たのしんでくださいね。
どちらが上下にきても重なるようになっています。
d0127907_0191697.jpg


サイズ 蓋18×7cm 箱17.3×6.2×3.8cm 全高8.5cm
[PR]
もえぎ 城内坂店2F ギャラリーM’s
Japan meeting vol.3 本日、最終日です。

漆器といっても色、艶、技法、彩色・・・作家それぞれの個性を楽しんでいただけたのではないでしょうか。
9人もの漆作家があつまるのも、滅多にないのでは!

足をお運びいただいたみなさま、ありがとうございました。

入子小箱
d0127907_11451585.jpg
d0127907_11471292.jpg
d0127907_1146226.jpg

[PR]
d0127907_22363777.jpg
小箱が好きでよく作っています。
器とちがって食べ物だけではなく自分の好きな物や大切なものを入れたり、
何を入れようか考えるのが楽しいですよね。
うちでもお裁縫道具を入れた漆の小箱が飾ってあります。
飾るだけでなく、ちょっとしたボタン付けや縫い物にはすぐ使えてけっこう重宝しています。
こちらの四角の小箱は二段に重ねることもできます。
d0127907_22345090.jpg


丸小箱はお弁当のときデザートやサラダ入れとして使っても素敵です。
d0127907_22354669.jpg

[PR]
まげわっぱのお弁当箱。
以前から作っているのですが、漉漆で仕上げていたものから黒、朱も増やしました。
そして、ペアで揃えたり、男性用に少し大きめのものがほしいとご要望がありましたので一回り大きいお弁当箱も仲間入りしました。
巾着も小さいほうは紺色、大きいほうは黒い色で作りました。
お昼ごはんの時間が楽しみになりますように。
d0127907_23445592.jpg
d0127907_23451043.jpg
d0127907_23452555.jpg

[PR]

d0127907_11351367.jpg

みたい?
d0127907_11375981.jpg

ちょっと高級チョコに見えたりして!
d0127907_11382536.jpg

三段丸重に¥298のチョコレート入れてみたら意外、きれいでした。
アフターヌーンティーをこの三段重でしたらどんな感じかな~?
サンドウィッチもスコーンもいけるかも。和風アフターヌーンティーでもいいかも・・・。
おせち料理以外にもいろいろ使えるシンプルでいて多様なこのお重、見直しちゃいました!
d0127907_12322637.jpg
径18.5cm 一段の高さ5.5cm 全体の高さ18cm
[PR]
箱ものが2つあがってきました。お重と弁当箱です。
えっ、今頃お重?と思われるかもしれませんが、漆器は製作に時間がかかります。
こちらは受注品にしておりますので、お正月や春のお花見ごろに間に合わせるため
UPしました。
新しい年を漆のお重で!とお考えの方は、お早目のご予約お願い致します。

角二段重
d0127907_10231156.jpg

d0127907_1023463.jpg

19センチ×19センチ 高さ14センチ 一段の高さ6.5センチ 深さ5.3センチ


花見弁当箱
d0127907_10411639.jpg

20.5センチ×12センチ 高さ11センチ 一段の高さ5センチ 深さ4.2センチ
[PR]
企画展が開かれているぎゃらりー宙(SORA)に出展するために
手のひらサイズの物をつくりました。
TKさんはなにを作ったかと言うと・・・
d0127907_13542381.jpg

悩んだ末、ちいさな箱でした。
大切なものをしまってくれたらいいな。
ただいま、宙さんに出展中です。ちいさな宝物がいっぱい。見に行ってくださいね。
[PR]