カテゴリ:漆器 椀( 11 )

普段家では中々使わないこともあり、滅多に蓋付のお椀は作らないのですが、

d0127907_10143710.jpg

合鹿椀に蓋をつけてみました。
蓋が付くことで色々使いまわすことが出来ます。
お皿代わりに使っても。

d0127907_10161497.jpg

いつも作っている合鹿椀より、少し小ぶりです。
また、高台が大きいのも特徴。

d0127907_10245421.jpg

実はこの合鹿椀、柳田村監修「合鹿椀」という本に最初に出てくる
第1期の椀に強く影響を受けています。
本物には到底およびませんが・・・

d0127907_10285843.jpg

鰻なんて食べたいですが・・・
無理だなぁ・・。


合鹿椀(小)蓋付  13.2×10.5 (本体)
[PR]
by utsugizawa | 2012-08-01 10:34 | 漆器 椀
溜塗りという技法があります。
赤の上に茶色い半透明の漆を塗ると朱溜、
そして白漆に塗ると白溜です。
今回、焼き物の飴釉っぽくしたくて艶のある漆で
仕上げてみました。
d0127907_8143491.jpg
d0127907_8145059.jpg

飴塗り飯椀 汁椀  11.2×6cm
[PR]
by utsugizawa | 2012-06-19 08:16 | 漆器 椀
栗にも見えますが、お手ごろな薩摩芋でごはんを炊きました。

雑穀と一緒に炊いたのでお芋の黄色とお米のピンク色がかわいいです。

黒い漆の器が映えますね~。

d0127907_22383384.jpg


このお茶碗はうちで愛用している多用椀です。
この黒い椀はTKさんご愛用のもの!
使いはじめて4年め・・・艶もなかなかなもの。
いまも作り続けている定番商品です。
[PR]
by utsugizawa | 2010-10-21 22:51 | 漆器 椀
「箸洗い」って、なに?
お箸洗うの・・・?って思ったのわたしだけでしょうか。
漆はお茶のお道具や懐石料理の器などに使われるので時々?になることが・・・。
新作の器のおかげで「箸洗い」をお勉強できました。
気分を新たに行なうため、一汁三菜を使った箸と、口中を洗い清めるという意味で箸洗いと言われる湯吸ものを出す。懐石では八寸のまえに出す。

懐石料理の中休みにいただくお吸い物の椀の呼び名でした。
そして、こちらがその新作の器です。
d0127907_0465621.jpg
シンプルで懐石だけにこだわらず洋風にもアレンジできる形です。

ただいま開催中の伊勢丹新宿店 くらしの道具二人展にも出ています。
みまさまのご来店をお待ちしております。
[PR]
by utsugizawa | 2010-08-29 00:59 | 漆器 椀
d0127907_23541956.jpg

ご飯・味噌汁・お惣菜・お漬物の粗食スタイルが和食の原点。
一汁一菜を大事に、まずは自分だけの一汁一菜椀で楽しみながらはじめてみませんか?
d0127907_0201129.jpg
d0127907_021339.jpg

一番小さな椀は汁椀の蓋としても使えます。
片付けやすいように入子にして重ねられます。
[PR]
by utsugizawa | 2009-10-26 00:27 | 漆器 椀
合鹿椀(ごうろくわん)とは、 石川県柳田村の合鹿地方に室町時代から伝わる漆器のお椀のこと。
ここで発掘されたお椀を大変苦労して再現したものです。
d0127907_22374323.jpg

大振りで存在感のある器なのではじめて見る方には倦厭されがちですが、使ってみると・・・
深い形と高台の高いどっしりとした安定感がお料理を引き立ててくれます。
これから寒くなると出番が増える器です。

縁と高台に布着せしてあります。
色 朱・黒  サイズ 径14.5センチ  高さ10センチ 

毎年個展をさせていただいている渋谷にあるギャラリーStyle-Hug Galleryのネット通販で詳しく紹介していただいております。
そちらのほうもご覧ください。
[PR]
by utsugizawa | 2009-09-21 23:30 | 漆器 椀
7月17日~26日のギャラリー藍企画展 終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

d0127907_22102161.jpg


漆の器というと和のイメージが強いですが、洋食器にも合いそうな器をつくりました。
カフェオレボウルのイメージで作ったので、スープはもちろん、
ちょっとしたお料理やデザートまで幅広く使っていただけると思います。
d0127907_2231660.jpg
d0127907_22311989.jpg
足元に丸みをつけて、やさしい感じに仕上げました。
d0127907_22323980.jpg

径13.8センチ 高さ8センチ
[PR]
by utsugizawa | 2009-07-27 22:38 | 漆器 椀
漆のお椀、使うとわかるんです。使い心地の良さ。
口当たりもやさしく、持つと軽く、ごはんも冷めにくい。
この良さを子供たちにも伝えたい!
d0127907_11371052.jpg

左側 飯椀     右側 汁椀

子供椀として作って出していますが、初節句のお祝い、小振りなお椀をお探しの女性や少しの量しか食べない方や敬老のお祝いと多方面で活躍しているお椀です。


自分だけの特別なものとして、プレゼントとして、こちらの子供椀は名前入れもしています。
d0127907_11472948.jpg
d0127907_11542970.jpg

[PR]
by utsugizawa | 2009-04-17 11:56 | 漆器 椀

d0127907_22203073.jpg

ぽってりとした、この丸みを帯びた感じが粥椀らしくありませんか?
両手で包み込みたくなる器です。
どんなに熱々のお粥を入れても器は熱くなりませんし、保温性にもすぐれています。
お粥は漆の器がぴったりですよ。

d0127907_22222250.jpg
外 透漆  内 溜と黒
d0127907_22233829.jpg
d0127907_22242129.jpg
d0127907_22244096.jpg

径12センチ×高さ7.5センチ
[PR]
by utsugizawa | 2008-07-06 22:27 | 漆器 椀
新作の合鹿椀ができました。
何作目になるのか?数えていないんですが、いつも合鹿椀をつくるときは他の椀よりも手をかけているように思えます。形のバランス、美しさ、大きさ。高台の高さ。大きいからこそ持った感触の大切さなど。時間をかけて作られました。
d0127907_1193193.jpg

朱 径14.5cm 高さ10cm
d0127907_1194882.jpg

布着せ部分
d0127907_11101553.jpg

黒 径14.5cm 高さ10cm
d0127907_11103159.jpg

布着せ部分
d0127907_11104810.jpg

左 合鹿椀  右 飯椀
[PR]
by utsugizawa | 2008-03-04 11:24 | 漆器 椀